Accessories 2023/01/24

冬用の最強おすすめバイク用グローブ全10選!指先まで暖かい快適な冬ツーリングを!

冬のバイクにおすすめの最強バイクグローブを紹介。バイクの冬用グローブは、値段は高いが防水で雪にも対応できるゴアテックス製バイクグローブが最強。ゴアテックスの防寒手袋の代わりに、防水機能がついたワークマンの手袋も人気。おしゃれな革グローブには薄手のインナーグローブがおすすめ。レディースにおすすめのおしゃれ防寒手袋も紹介。

Contents

おすすめの冬用バイクグローブサムネイル
こんにちは、awa(@awa_ninja400)です。

皆さんは冬のツーリングはお好きですか?

冬のツーリングは危険なのはもちろん、気温が低く寒いという理由から避けられる方も多いと思います。

特に、ハンドルを握っていたら手が冷えて感覚がなくなったり、かじかんで痛くなったりしますよね。

手が冷えてしまうと、快適なツーリングを楽しめないだけでなく、運転にも支障が出て危険です。

冬でもバイクに乗られる方は、冬用バイクグローブの購入をおすすめします。

冬用といっても、ただ分厚いグローブや電熱グローブ防水・防風機能が付いたグローブなど、沢山あって悩みますよね。

なので今回は、冬のツーリングを快適にしてくれる、おすすめの冬用バイクグローブを7つ紹介します。

バイクグローブ以外に、どんなバイク用品を揃えればいいかお悩みの方は、ぜひこちらの記事も一緒にご覧ください。




冬用バイクグローブと夏用バイクグローブの違い

バイクの手元の画像

冬用バイクグローブと夏用バイクグローブを比較し、冬用バイクグローブの特徴をご説明します。

ついついオールシーズン用を購入して満足してしまいがちですが、快適にツーリングを行うには、季節によってグローブを使い分けることが大事です。

そう言う僕は、オールシーズン用のグローブを持っていません…。

なので、冬や初春は冬用グローブ、初夏や初秋は夏用グローブで使い分けています。

生地の厚さの違い

夏用バイクグローブは、蒸れるなどの暑さ対策が求められるので、通気性の良い生地になっています。

基本的に生地が薄く作られており、パンチング(穴)がポツポツと空けられていることが多く、夏でも涼しく快適にツーリングを楽しめます。

冬用バイクグローブは、防風性や防水性などの寒さ対策が求められるので、保温性の良い生地になっています。

基本的に生地が厚く作られており、外気が侵入しないように中綿や保温シートなどが含まれていることが多く、冬でも運転できるようにできています。

また、雪や雨などで濡れても冷たさを軽減するために、浸透防水性を備えているものが多く、冬用バイクグローブを選ぶ際は防水性に優れたものを選びましょう。

操作性の違い

どの装備も、分厚くなればなるほど動きにくくなりますよね。

シンプルに冬用バイクグローブは、夏用バイクグローブよりも厚くなりますので、操作性が劣ります

夏用グローブから冬用グローブに変えた時は、慣れるまで運転し辛いと感じました。

安全性の違い

夏用グローブは、操作性に優れているメリットがある一方、プロテクターが冬用グローブに比べて機能していません。

冬用グローブは、プロテクターや生地が分厚いため保護してくれますが、代わりに操作性が劣ってしまうデメリットがあります。

通勤通学におすすめの冬用バイクグローブ

通勤通学に求められるのは、防水や防風などの最低限の機能と、コスパの良さかと思います。

長距離ツーリングなどと違って、電熱グローブなどを選んでしまうと、コードを繋ぐなどの手間が増えてしまいます。

雨風による手の冷えを防ぎ、手軽に使うことができ、お求めやすいグローブがこちら。

Winglosアウトドアグローブ防寒手袋は、裏起毛のついた保温性に優れたグローブで、防水・防風機能が付いているので、しっかりと熱を閉じ込めてくれます。

手首には防風ニットリブが採用されており、360度から風の侵入を防ぎます。

また、グローブを装着しながらスマートフォンなどを操作することができ、急な連絡などにも対応しやすいです。

バイクを降りた際も、取り外さないで様々なことができるので、通勤や通学にオススメです。

コスパ最強のおすすめ冬用バイクグローブ

ツアラー フルカウル バイク メリット デメリット

信頼できる人気メーカーの、しっかりした作りで機能性や安全性が高い、でも高すぎない。

そんなコスパ最強のバイクグローブをご紹介します。

デイトナ AWスポーツロンググローブは、ゴートスキン+防風防水フィルムのロングタイプのウインターグローブです。

ゴートスキン特有のしなやかな柔らかさで、冬用グローブでありながら高い操作性が魅力。

指股部分には、ストレッチ素材を採用しているので、ロングツーリングでも手が疲れにくくなっています。

プロテクターが各所に装備されていながらも、スマホなどのタッチパネルにも対応しており、ナビなどの操作が可能なので便利です。



冬用のおすすめ革バイクグローブ3選

バイク用グローブ

スポーツ用の革グローブではなく、無骨でかっこいいお洒落な革グローブにも、冬用のものがあります。

特に、アメリカンバイクやクラシックバイクなど、スポーティなデザインが合わないようなバイクを乗られている方に、とてもオススメです。

Schott ウィンターレザーグローブは、シンプルで合わせやすくバイクにピッタリで、無骨な雰囲気が出ています。

内側には、高透湿・防水・防風インナー素材のSAITOS、発熱繊維といわれるRENAISSを使用。

手首には調節可能なように、スナップボタンがついていて風の侵入を抑えます。

国内生産のしっかりとした作りで、毎年冬は欠かせない、使えば使うほど味の出るレザーグローブです。

ゴールドウイン ゴアテックスウィンターレザーウォームグローブは、真冬のライディングにも対応したゴアテックス搭載の防寒レザーグローブです。

防風・防水透湿素材のゴアテックスを採用することでツーリング中の突然の雨にも対応し、内部のムレを外に逃がすことで常に快適に使うことができます。

中綿にはPRIMALOFT GOLD INSULATION WITH CROSS CORE TECHNOLOGY 100g+プリマロフトブラックインサレーションエコを使用することで保温効果を得ることができ、冬のライディングに活躍します。

薬指、小指の関節部分は、ハンドルを握った際の形状に近づけるため、人間工学に基づいた立体的なカーブを実現できる立体縫製 エルゴグリップを採用しています。

ラフアンドロード ガントレットウインターグローブDSは、「革のカシミア」と評されるほどしなやかで柔らかくなめらかな肌触りが特徴の鹿革を採用したグローブです。

質感からは想像できない、牛革の約3倍とも言われる強度を誇ります。

細胞の中には多くの脂が含まれているため、革の大敵「水」にも強いのが特徴。

レザーとフェイクボアで寒気を遮断しつつ、両手タッチパネル対応。

冬ツーリングに特化したおすすめ冬用バイクグローブ5選

ここからは、とにかく暖かくて、真冬の極寒ツーリングでおすすめのグローブを5つ紹介します。

値段は少し上がってしまうのですが、電熱機能が付いたグローブは、値段に見合った効果を発揮してくれます。

防風や裏起毛などのグローブでも、真冬の早朝や深夜、走る場所によって、どうしても手がかじかんでしまうことが多いです。

冬でもロングツーリングに行かれる方は、絶対持っておいて損はない装備です。

Hompres 電熱グローブは面状で加熱して、3秒急速加熱することができます。

指先を包み込むように暖めてくれ、耐久力や熱伝導性など線状発熱素材を遥かに超えます。

また、優れた柔軟性により使用中に曲がても断線しにくく異常発熱や発熱しないトラブルがありません

3000mAhの大容量バッテリーも装備し、バイク以外の場合でも、安心に使えます。

他の記事でもおすすめの電熱グローブをご紹介していますので、気になる方はぜひ一緒にご覧ください。

ソフトタイプのプロテクション、防水透湿素材を備えたe-HEATグローブのスタンダードモデル。

発熱ユニットは指先と手の甲に配置してあり、TAICHIオリジナルの防水・透湿素材”ドライマスター“をインサートし、雨天時にも対応可能。

ご使用の際、専用モバイルバッテリーは2個(片手につき1個)必要です。 手首内側のファスナー付きポケットにバッテリーを収納いただけます。

3段階の温度調節機能で、専用バッテリーを使用する保護性能に優れる、7.4V仕様電熱ウインターグローブです。

握りやすいフローティング構造のカーボンプロテクターを拳に、CE規格衝撃吸収フォームを指に装備。

しなやかで断線や腐食に強いマイクロカーボンファイバーヒーターは、配置を改良することで、指先を包み込むように温めます。

Goldfox電熱グローブインナーグローブは、他の普通手袋と合わせて使用可能なインナーグローブです。

3段階温度調整が可能で、お好みの温度によって低・中・高の加熱温度(35~65℃)が調整できます。

電源を入れると、約15秒で指先から手首まで暖かくなります。

充電時間は2〜3時間でフル充電され、稼働時間は約3〜6時間です。

充電池2個が付いていて、それぞれ手袋に付いているポケットに収納が出来ます。

Pewaki電熱グローブは、防寒効果が抜群で指の先までしっかり暖まり、5000mAh大容量バッテリーが2個付きです。

温度設定は5段階で最高65度まで調節が可能です。

約6時間でフル充電され、最長10時間使用できるので朝から晩まで一日中に温かさが持続します。

冬用バイクグローブのまとめ

今回は、冬ツーリングにおすすめバイク用グローブを10点紹介させて頂きました。

特に、最後紹介した5つのグローブは、冬のツーリングを快適にしてくれること間違いなしなので、是非気になった商品があればチェックしてみてくださいね。

バイクに関連した記事を載せていますので、是非よかったらご覧ください。

また、Instagramも投稿しているので、ぜひ良かったらSNSのチェックもお願いします。

Recomend関連記事

Popular人気記事

Aboutawa blogについて

AWA BLOGについて

About AWA BLOG.

AWABLOGは、ワインディングやバイクフォトスポットなどのツーリングスポットを中心に、ツーリンング飯やこれからライダーになる方達のお役に立つ情報について発信する個人メディアです。良いと思った場所や美味しかった店など、僕の目線で紹介しています。 ここでよく紹介しているのは関西のツーリングスポットなどです。 有名で人気なツーリングスポットはもちろん、誰も知らないようなツーリングスポットを開拓するのが大好きなので、AWABLOGを通じて多くの人に広める為、都度更新していきます。ぜひ気になる記事があれば読んでみてください。

Read more

Categoryカテゴリー