Touring 2023/10/10

三重 珍布峠|岩壁に挟まれた神秘的な細道「めずらしとうげ」へツーリング

三重県松阪市旧和歌山街道の珍布峠(めずらしとうげ)へツーリング。珍布峠ウォーキングコースは車やバイク、自転車のツーリングにおすすめとのクチコミが多い。珍布峠はバイクや車、自転車の撮影スポットとしてクチコミを集め、SNSで珍布峠にバイクや車を並べた写真が人気。珍布峠はウォーキングコースなので注意してバイクの運転・撮影を。

Contents

珍布峠 バイク ツーリング

どうも、awa(@awa_ninja400)と申します。

皆さんはバイクや車でツーリングに行かれる際、場所はどのようにお探しでしょうか。

僕は基本SNS等でクチコミの良いツーリングスポットから探すことが多いです。

そこで先日、クチコミでおすすめの声が多い、三重県松坂市の「珍布峠(めずらしとうげ)」に行ってきました。

バイクや車系のSNSで一度は写真を見た事があると言っても過言ではない、三重の有名なツーリングスポット。

この記事では、珍布峠(めずらしとうげ)へツーリングの際におすすめのバイク撮影スポットなどご紹介します。

興味のある方は是非最後までご覧ください。



珍布峠(めずらしとうげ)について

珍布峠 写真

ここからは、今回僕がツーリングした「珍布峠(めずらしとうげ)」について簡単にご紹介します。

珍布峠(めずらしとうげ)は、三重県松阪市 旧和歌山街道に位置する峠。

珍布と書いて”めずらし”と読む

まず、珍布峠の読み方は本当に”めずらしとうげ”と呼ぶみたいです。

何かの由来からできた愛称かと思っていましたが、ちゃんと正式な名称で驚き。

珍布峠の名前の由来は「おお、めずらしや。」

珍布峠 めずらしとうげ 名前 由来

珍布峠の名前の由来は、天照大神と天児屋根命がバッタリ遭遇し「おお、めずらしや。」と言ったことが由来だそうです。(ナンヤソレ)

それもあってか、珍布峠は神様系のお話が多く、珍布峠の道中にも神社やお地蔵さんが多く存在します。

珍布峠は人気のウォーキングコースなので注意

珍布峠 ウォーキングスポット

珍布峠は人気のツーリングコースより、ウォーキングコースとしての方が有名で、バイクや車や自転車が多く通る場所ではありません。

むしろ入り口手前の看板には、「バイクや車の交通をお控えください。」と書かれていました。

バイクや車で向かう際は、ウォーキングされている方に気を配り、徐行くらいで向かうようにしてください。

珍布峠へのアクセス

珍布峠 バイク 撮影スポット

先述した通り、珍布峠は三重県松阪市 旧和歌山街道に位置します。

近くには道の駅などがあり、アクセスは良い方だと思います。

所在地 三重県松阪市 旧和歌山街道
営業時間 特に無し
料金 無料
駐車場 なし



いざ、バイクで珍布峠(めずらしとうげ)へ

道の駅 飯高駅

珍布峠の近くにある道の駅 飯高駅でトイレ休憩。

道の駅 飯高駅から珍布峠までは、バイクで約5分程度です。

所在地 〒515-1502 三重県松阪市飯高町宮前177
営業時間 月 7時30分~19時00分
火 7時30分~19時00分
水 9時00分~19時00分
木 7時30分~19時00分
金 7時30分~19時00分
土 7時30分~19時00分
日 7時30分~19時00分

珍布峠の入り口にはバイクに対する注意書きが

珍布峠 行き方

和歌山街道 珍布峠方面という看板と一緒に、車・バイクに向けた注意書きがありました。

車・オートバイの方へお願い この道はウォーキングコースになっています。歩行者の安全のため、珍布峠の通り抜けは、できる限りご縁慮(ご遠慮)いただきますようにご協力お願いします。

ご遠慮の文字誤字ってない?っていう細かいことは置いといて、ウォーキングコースだから通り抜けは控えてな、ってことです。

当たり前ですが、私有地への立ち入り・樹木等の採取など、観光地でのマナーをしっかり守りましょう。

珍布峠はウォーキングコースだからか綺麗

珍布峠 アクセス 珍布峠 アクセス

珍布峠の道は人気のウォーキングコースだけあって結構綺麗な路面をしています。

ただ落ち葉が多いのと、道が狭いのと、ウォーキングコースで歩行者も可能性が高いので注意して徐行気味で運転。

木のトンネルのような自然豊かな道を走るのは、とても気持ちがいいですね。



珍布峠のバイク撮影スポット

珍布峠 バイク 撮影スポット

注意書きの看板からすぐに目的のバイク撮影スポットに到着しました。

ちょうど他のバイクも撮影をされていて、軽く挨拶を交わして待機。

珍布峠のバイク撮影スポットの注意点

珍布峠 写真

珍布峠の撮影スポットは岩壁に挟まれているのでかなり暗く、一眼レフなら三脚を持って行ったほうがいいかもしれません。

Eienn 三脚 カメラ用 一脚可変式 全高177cm 脚径25mm 4段 3Way雲台 水準器付き クイックシュー式 アルミ製 一眼レフ ビデオ デジカメ対応 キャリングバッグ付き ブラック

Eienn 三脚 カメラ用 一脚可変式 全高177cm 脚径25mm 4段 3Way雲台 水準器付き クイックシュー式 アルミ製 一眼レフ ビデオ デジカメ対応 キャリングバッグ付き ブラック

Eienn
amazon

また、道が狭いのでもしバイクや車を並べて写真を撮る際は、他の方が通れるように停車するか、すぐに出せる準備をしておきましょう。

珍布峠の撮影スポットのバイク写真

珍布峠 バイク 写真 撮影スポット 珍布峠 バイク 写真 撮影スポット 珍布峠 バイク 写真 撮影スポット

撮影が終わったのか他のバイクが帰られたので、その隙にNinja400を並べて写真を撮りました。

一眼レフを手持ちで撮影したので画質が悪いですが…。

この投稿をInstagramで見る

AWA(@awa_ninja400)がシェアした投稿

珍布峠はヒルに注意

珍布峠 ヒル 珍布峠 ヒル

なんか足が冷たいなと思ったらヒルが足についていました。

山なので居て当たり前なのですが、つい撮影に夢中になっているとヒルに噛まれてしまうので、露出の少ない服がおすすめ。

もし噛まれた際は、無理に引っ張らずにライターで軽く炙ってからとるのが良いです。



珍布峠ツーリングのまとめ

珍布峠 バイク ツーリング

この記事では三重の人気ツーリングスポット「珍布峠」をご紹介しました。

珍布峠は狭いウォーキングコースなので歩行者や他のバイク、車、自転車に気をつけてください。

撮影スポットは特に道が狭いので、写真撮影に時間をかけすぎないようにしましょう。

珍しい景色を楽しめる珍布峠、ぜひツーリングスポットの候補に入れてくださいね。

このブログでは他にもおすすめのツーリンングスポットをご紹介しておりますので、ぜひ一緒にご覧頂ければ幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。



Recomend関連記事

Popular人気記事

Aboutawa blogについて

AWA BLOGについて

About AWA BLOG.

AWABLOGは、ワインディングやバイクフォトスポットなどのツーリングスポットを中心に、ツーリンング飯やこれからライダーになる方達のお役に立つ情報について発信する個人メディアです。良いと思った場所や美味しかった店など、僕の目線で紹介しています。 ここでよく紹介しているのは関西のツーリングスポットなどです。 有名で人気なツーリングスポットはもちろん、誰も知らないようなツーリングスポットを開拓するのが大好きなので、AWABLOGを通じて多くの人に広める為、都度更新していきます。ぜひ気になる記事があれば読んでみてください。

Read more

Categoryカテゴリー